カードの契約」カテゴリーアーカイブ

ローンシミュレーションの使用方法

ローンシミュレーションを利用するには、これからローンを組む予定の金融機関のホームページを見てみるといいでしょう。多くのローン会社のサイトでは、ローンの詳細が記載されているページを見れば、シミュレーションのことも知ることができます。

手元の資金、ローンを組もうとする額、金利や返済期間を入力すると、最終的にいくら返済することになるのかや、毎月の金額が出ます。返済のパターンはさまざま試せるようになっているので、それを参考に借入額を決めます。

一般的なローンシミュレーションで数字を出していく場合、最低限の金額しか計算に含まれないことに注意しましょう。ローンはただ借りた額だけを返せばいいものではありません。住宅であれば、印紙代、不動産取得税、登記手数料なども必要です。保証料や融資手数料といったものも、ローン相手の金融機関に払う必要があります。あるいは家を購入するのであれば、火災保険料がかかってきます。

ローンシミュレーションにもさまざまありますので、ローン以外に必要となる部分をサポートしてくれるシミュレーションを利用しないと、現実との差が発生します。ほんとうに簡単なものになると、ローンまわりで発生する費用がシミュレーションに載らないことがあります。ローンを組んだ後になって、事前にもっと確認しておけば、などということが起きないよう、しっかり確認しましょう。ローンシミュレーションを利用してローンの支払い額などを考えるときには、他にかかる費用がありうることを忘れないことです。

電話なし 郵便物なし モビット